医学的観点からみたAGA治療

今回、薄毛治療を開始するに当たって、薄毛についてリサーチしました。
忘備録もかねて、ブログに残して置きたいと思います。

医学的には薄毛にも幾つか分類があり、一般的な加齢による薄毛は男性型脱毛症(AGA : androgenetic Alopecia)と言われます。

AGAに対しては医学的に標準治療が存在します。
本邦でも日本皮膚科学会より、男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)が作成・公開されています。

 

男性型脱毛症診療ガイドライン

ガイドラインでは、薄毛治療の効果の根拠(信頼できるデータが存在するか)、治療の効果治療の副作用などを総合して、A-Dのレベルの治療法に分類されています。

A 行うよう強く勧められる
B 行うよう勧められる
C1 行うことを考慮してもよいが,十分な根拠がない
C2 根拠がないので勧められない
D 行わないよう勧められる

この内、A 行うよう強く勧められれるとされる治療法は2つだけです。
それは、ミノキシジルの外用フィナステリド内服です。
これは本邦だけでなく、世界的に唯一かつ絶対的な標準治療です。
ガイドラインでは、様々な臨床試験やデータを加味した結果、治療効果の根拠・効果・副作用を総合的に判断して、AGA治療に”強く“勧められるとされています。

このように、薄毛治療に有効な治療が存在する中で、“皮膚科医の立場からは無効といえる科学的根拠に基づかない治療法が社会的に横行し、無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくない” (男性型脱毛症診療ガイドラインより引用)

ちなみにガイドライン上、AもしくはBに該当するような内服薬・外用薬は、その他には存在しません。(C1に分類されている)

ミノキシジル外用、フィナステリド内服に次いで、有用とされるのが自毛植毛術です。
自毛植毛術については、フィナステリド内服や ミノキシジル外用による効果が十分でない症例に対し て,他に手段がない状況,国内外における膨大な診療実績,また患者の病悩を考慮し,委員会としては十分な経験と技術を有する医師が行う場合に限り,推奨度 Bとして推奨する.” (男性型脱毛症診療ガイドラインより引用) 

 

AGA治療の組み合わせ

上記をまとめると、現在医学的に効果があるとされるのはフィナステリド内服ミノキシジル外用自毛植毛術です。
では、これらの治療の特色はどのようになっているのでしょうか。


AGAではテストステロンが活性の高いDHTに分解され、DHTが毛母細胞の増殖を抑制すると言われています。
正常の髪の毛は6年程のサイクルでしっかりと成長→毛が抜ける→毛が生え6年程のサイクルでしっかり成長・・・を繰り返します。
一方でDHTはこの正常サイクルを1-2年に短縮させることで、成長した太い髪まで成長することなく、細い弱い髪の段階で脱毛を繰り返すため、細い髪ばかりになり、結果として薄毛に至ります。


フィナステリドはテストステロン→DHTへの変換をブロックし、AGAの根本的な原因を取り除く治療となります。
これにより、現時点からAGAの進行を食い止める効果があります。
いわば「守り」の治療法になります。

一方、ミノキシジルは毛細血管の拡張効果や成長因子の促進などにより、太い毛を増やす、いわば「攻め」の治療法となります。
見た目には毛が生えていない状態でも、AGAの作用で非常に細くなった毛“いわば死にかけの毛根”が存在することがあり、このような死にかけの毛をミノキシジルで復活させることが出来るようです。

つまり、フィナステリドでAGAの進行を抑え、ミノキシジルで毛を太くする、という攻めと守りの両側面からの治療が行えるということです。

ただし、完全に毛根が死んでしまっている部位には、これらの治療効果はありません。
特に問題となるのが、生え際(特にM字部)です。
そこで、生え際の治療に有効なのが自毛植毛術です。
薬物療法で効果が期待できない生え際に、後頭部から強く太い毛を移植することで上述の薬剤の弱点を補うことができます。

まとめ
フィナステリドはAGAの進行を抑えるのに必須。
ミノキシジルは髪を増やす。特に頭頂部。
自毛植毛術は特に生え際に有効。

 

フィナステリドについての記事はコチラからどうぞ。

ミノキシジルについての記事はコチラからどうぞ。

ニナゾルシャンプーについての記事はコチラからどうぞ。

 

現在使用中の薬

プロペシア1mg(フィナステリド)
 
ミノキシジルタブレット5mg
 
ニナゾルシャンプー週2回程度

 

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へ
にほんブログ村

 



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です