植毛について

自毛植毛の概要

植毛ではAGAの影響の弱い後頭部から、毛が薄い部位に毛根ごと植えていきます
植えた毛は1-2ヶ月程度で一度抜け、3-4ヶ月以降より再び生えます。
一般的に6ヶ月以降から12ヶ月で完成形となります。

植毛の方法としては、以下の2つの方法があります。
FUE:細いニードルで広い範囲から抜き取っていく
FUT:狭い範囲で皮膚ごと切り取る

FUEのメリット

①メスを使わないので目立つ傷は残らない。
②侵襲が少なく、痛み等も少ない

FUEのデメリット

①処置の際に広範囲の刈り上げが必要
②多量のドナーを用いた際に後頭部がスカスカになることも

FUTのメリット

①刈り上げる範囲は少なく、処置後も傷跡を隠すことができる。
複数回の処置を問題なく行える

FUTのデメリット

①後頭部に横線の傷跡が残る。
②FUEに比べると術後の痛みはある。

FUE/FUTのまとめ

現在の時点では主流となっているのは、FUEの様です。
FUEかFUTかどちらにするかは、①手術時の広範囲の刈り上げを許容できるか、②術後の横線状の傷跡を許容できるか、③複数回の移植が必要かどうか
これらを総合的に考えて判断していくこととなります。

ちなみに、FUE時の刈り上げは体験ブログなどを参照して頂くと分かると思いますが、なかなか広範囲です。
完全に坊主にするか、貼るかつらを付けないと隠せないと思います。

FUTの傷跡については、下手なクリックで手術すると目立ちます。
上手いクリニックでは、坊主にしないとわからない位ですが、手術を受ける人の体質などにもよるため、一概には言えない様です。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へ
にほんブログ村



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です