ミノキシジルタブレット2ヶ月目

ミノキシジルタブレット内服から2ヶ月が経過しました。

実感として、髪質はしっかりとしてきています。

基本的にミノキシジルタブレットは、頭頂部の薄毛に効果が高い様です。
AGAの軟毛化で頭頂部が薄くなって来た人には、絶大な効果があります。
このあたりは多くの人が、ブログで体験記を書いてますので、よろしければ。

私はつむじ部分が生まれつき大きいです。
ただ、私の場合はもともと毛の密度が低いためで、AGAによる軟毛化が原因ではありません
小学生位から変わらず薄いです。

このため、ミノキシジルタブレットで太くなる毛の伸び代が少なく、私の場合はつむじの改善は限定的かなと思っています。

ミノキシジルタブレットの効果としては、3ヶ月位から写真でも分かるようになるので、少なくとも様子は見てみようかなと思っています。

 

マイクロスコープによる毛の状態

植毛前のカウンセリングでマイクロスコープによる診断がありました。

AGAでは無い人の場合は、太さが均一な毛が生えています。
一方で、AGAの人の場合、一般的な太い毛にひょろひょろとした細い毛が混じってきます。
AGAが進行するとこの細い毛の割合が増えていき、最終的にはこの細い毛もなくなってしまうそうです。

薄毛のパターンとしては様々ですが、この軟毛化の所見はまずは生え際から始まっていくみたいです。
私のスコープ所見は大体こんな感じでした。

生え際の軟毛化は結構進んでおり、前頭部にもちらほらと軟毛が混じっていました。
一方で、つむじ部と後頭部には軟毛は殆ど見られませんでした。

先生も、「つむじは広いけど、ここはAGAでは無いね」とおっしゃってました。

ミノキシジルタブレットは、もともと髪が多い人で軟毛化が進んできた時に高い効果が有るようです。
私の場合はつむじの伸び代があまり無いと思われます。

 



 

 

つむじ部分の状態

ミノタブ前

ミノタブ2ヶ月

若干改善しているようにみえますが。
ライトと写真の加減じゃないかと思っています。
とりあえず3ヶ月様子をみてみます。

ミノタブの全体としての効果は非常に満足しています。
私の場合、特に前頭部に効果があるようで、前髪のセットがかなり楽になっています。

つむじ部と植毛、SMP

 

上の写真のような毛が生えているつむじ部には、基本的に植毛は適さないようです。
植毛時に既存毛を傷つけることがあるのと、範囲が広くなるため十分な満足が得られにくいようです。

現存する治療で、頭頂部に効果が期待できるのはやはりフィナステリドミノキシジルだそうです。

根本的な解決にはなりませんが、個人的にscalp micropigmentation : SMPに興味があります。
いわゆるヘアタトゥーで、スキンヘッドの方のカモフラージュに用いられます。
FUTで目立つ横線にも効果的だそうです。

つむじ部に使うと、いわゆる消えないふりかけのようになって、ハゲには見えなくなるようです。。
やっている人は見たことないですが、将来的には少しやってみたいなと思います。

現在使用中の薬

プロペシア1mg(フィナステリド)
ミノキシジルタブレット5mg
ニナゾルシャンプー週2回程度

ブログ内ページ

AGAの治療概要・ガイドラインの記事についてはコチラです。

治療前の状態はコチラです。

 

他の方の自毛植毛体験ブログはコチラから読めます。
面白いですよ。↓

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村


育毛・発毛ランキングへ

 



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です